『ベランダガーデン』と称しながら、休日はお出掛けもして

お世話が足りてない残念な週末ガーデナーですが

「お花っていいなぁ~」と、ちんまりとベランダガーデンを楽しみ

四季の彩りのある暮らしを楽しんでいます。


楽天ブログからのバックアップブログです。
お見苦しい点が多々ありますが、ご容赦を。

短日植物のカランコエ


image


購入した時はこんもりと
お花があるけれど
その後は花芽が上がらず
そのままシーズンが
終わります

夜は暗くしておくと
花芽が付きやすいそうで

へえ、短日植物なんですって

いつもキッチンに置いて
夜遅くまで灯に当たっていたのを
置き場所を変えてみました

今は最初のお花が終わり
脇芽が出てきて花芽も
できました

今年はもうしばらく
楽しめそうです




冬を彩る葉牡丹とストック



くぐり戸から玄関への通路
わずか20cm幅に植えたハボタンとストック
今も元気でいます

寒い日が続いていてもストックは
お花を絶やすことなく咲いていて
ここを通ると足取りも軽くなります




去年の7月、予期しないことで
ベランダの薔薇栽培をやめてしまい
かろうじて生き残ったクリスマスローズも
放置で蕾もあがっていません

やはりお手入れなしでは
きれいなお花は望めない

ブロ友さんのクリスマスローズ便りは
うれしいですね

よだれがでるくらいに^^;



そんなこんなであれから半年が経ち
まだまだガーデニング再開というまでは
至っておりません

薔薇の冬仕事もないのでここぞと
休日ごとにお出掛けしたツケが
回ってきました

寒気、吐き気、腹痛に頭痛
みなさまもどうぞお気をつけください^^;





邪気を祓うという小豆粥



正式参拝後、日本料理道の
四條司家の41代目、四條隆彦氏よる
「小正月の風習や豆料理について」の
お話をうかがいました




小正月に小豆粥をいただくという
習慣を知りませんでしたので
これはチャンスと参加したのですが

日本料理道という知らない分野で
平安時代の天皇家の食に遡ります

邪気を祓うとは陰と陽に発し
食材から器のあしらいと
たいへんに貴重なお話を
うかがいました




赤い小豆も丸い形にも
邪気を祓うという意味があること

覚えてきたことはこれから
機会があるごとに
ご紹介していきたいと思います




四條司家の41代目、四條隆彦氏
お名前からにしてお公家様と思えば
藤原鎌足の孫の魚名氏からはじまります

お名前が藤原でなく四條という苗字に
なった成り立ちもお聴きしました

祖母は香淳皇后の妹さんで
お母様は今上天皇といとこ同士
ご当人は皇太子や秋篠宮様と
はとこ同士で親しくされているご様子

やんごとなき人のご挨拶は
「みなさま、ごきげんよう」

いや、貴重な体験といいますか
敷居の高い会ではありましたが
和食の興味深いお話でした








livedoor プロフィール
記事検索
ベランダガーデンへの道
楽天市場
にほんブログ村
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
  • ライブドアブログ